ブログトップ

アリランハウス

韓国の南海にんにく

韓国の南海のお土産 "にんにく"

義城ニンニク、丹陽ニンニクなどと一緒に国内
で生産される味良く、質の良い農産物である南海ニンニク。
ニンニクは南海の特産物の中でも一番と選ばれる。
な南海の人々は秋にした後、一時も休まず、ニンニクを播種する。
南海の気候はニンニクを栽培するのに良い。南海は海洋性氣候で、冬は暖かく、夏はしくて、病害虫の発生が少なく、涼しい気候で良く育つ根野菜のニンニクの特性に適している。四面が海に?まれているから、ここで栽培されたニンニクの最大の特徴は豊富な海風を受けて育つことにある。
南海の海風の中にはナトリウム(Na)があり、ニンニクの養素の移動を良くして、独特の味わいを形成する。したがって、南海で育ったニンニクはアリシン、ゲルマニウムなど、体に有益な薬理作用をする成分が多く含まれている。
ニンニクの効能を調べてみると、強い殺菌作用で、ウイルスやカビ、大腸菌に対する殺菌效果が特に優れており、風邪や氣管支炎、大腸炎を予防する效能がある。また、胃を丈夫にして、消化を促進させる作用をし、アリシン成分が細胞の老化を防ぎ、の代謝促進とホルモンの分泌を促進させる。その他にも、新陳代謝を活にし、体を温めて、免疫機能を強化し、血中コレステロールを低下させるなどの多くの?能を持つ農産物である。
韓方だけでなく、西洋の自然療法の専門家たちも、ニンニクをパセリと一緒に混ぜて食べると、高血を治療することを表している。特に最近では、ニンニクの抗癌効果に関する究結果の表がいている。




b0290559_14293979.jpg
 


宝島 にんにく祭り

“幸せの地 宝島、健康の地 南海にんにく”

名品にんにくの本場、南海で多?な見せ物と体験行事、展示会などでいっぱいな祭りが開かれます。世界唯一のにんにくセンターである ‘宝島 にんにくの国’が博物館としての役割を果たし、祭りの中心にあります。

観光客が直接体験できるプログラムをいっぱいあります。
気軽にいらっしゃって楽しい思い出を作ってください。

b0290559_15482374.jpg

[PR]
# by ariranghouse | 2014-03-23 14:09 | アリラン黒ニンニク | Comments(1)

黒にんにくとは

ニンニクや黒にんにくの素晴らしい効能は、既に広く知られていますが、いま一度、黒にんにくの効能や特徴などをインターネットで調査し抜粋してみました。



黒にんにくとは?

生にんにくを発酵させたのが黒にんにくです。


*黒にんにく 3つの特徴

1.とっても食べやすい(調理の手間もないからカンタン)

生のにんにくは、刺激が強いし、料理するのも手間も掛かるので
毎日食べられませんでしたが黒にんには違います。

食感はやわらかくてもちもちして、味は、甘い感じで
女性やお子様にも安心して召し上がっていただけます。


2.ニンニクには特有のニンニク臭があります。多くの人はこの臭いが嫌でニンニクを毛嫌いしますが、しかし黒にんにくは違います。

黒にんにくには、ニンニク特有の臭みはありません。

その理由はニンニクを熟成させて、黒にんにくにしたことによって、ニンニク臭の原因であるイオウ化合物を除去するのに成功したからです。つまり毎日食べても、全く臭わないということ。「ニンニクは好きだけど、でも口臭が気になる…」という方には黒にんにくあお勧めなのです。


3.生にんにくと比べると、黒にんにくは抗酸化力が10倍以上あるのです。

30歳からのキレイの必需品 抗酸化力!


韓国では、韓流スターに限らず、若い人も 年齢を重ねている人も
また、男性女性を問わず、肌のキレイな人が多いです。

その理由は、韓国の料理によく使われている
にんにくのおかげと言われています。

韓国で、一人あたり消費されるにんにくの量は
日本とくらべておよそ20倍ともいわれています。

韓国の方がほぼ毎日のように食べているにんにくが
美しい肌と健康を維持してきたのです。

肌を美しく保つポイントの1つは
「体内に発生する活性酸素を取りのぞくこと」と言われてます。

活性酸素には、カラダの内に入り込んだ菌を殺す
大切な働きがあるのですが

この活性酸素が大量発生してしまうと
自分の細胞を酸化させて、老化をはやめたり
シミやシワの原因になります。

そこで注目したいのが「抗酸化力」です。
ビタミンCやビタミンEなどが持つこの働きは、活性酸素を
除去してくれるのです。

この抗酸化作用が、にんにくに含まれる成分・アリシンに存在します。

黒にんにくがもつ、オドロキの抗酸化力は、 発酵させることによって
増える成分だと考えられています。

そのほかにも黒にんにくは、S-アリルシステインや
ポリフェノールなど の栄養成分が大幅にアップすることから
健康と美容に関心が強い人々の間で話題になっています。



※アリシンとは?

アリシンとは、にんにくやネギなどに含まれる成分で、独特なニオイいの
もととなっている成分です。

アリシンは、硫化アリルの一種で、特に強力な抗酸化作用があります。
また、アリシンは、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質に変化します。

アリチアミンは、ビタミンB1の吸収を助け、呼吸や体温保持、神経伝達といった
いわゆる生命維持活動(エネルギー代謝)を促進させます。
これにより、体にたまった疲労物質の乳酸が除去され、疲労が回復します。

また、アリチアミンは体に蓄えられるので、持続的な疲労回復効果も期待できます。


S-アリルシステイン(水溶性含硫アミノ酸)」の効能・効果

黒にんにくに含まれている「S-アリルシステイン」には、様々な効能があります。その効能について、銀座東京クリックの福田一典氏が詳しく述べていますので、それを引用したいと思います。


ニンニクは様々な効能が広範囲にわたって実証されていますが、特に、感染症、循環器病、がん予防の領域においては優れた効果が証明されています。
ニンニクには、免疫力を増強させる効果があり、病原菌やがん細胞に対する抵抗力を高める効果が期待できます。
ニンニクは循環器病の予防と治療効果をもつことが多くの動物実験および臨床試験により認められています。特に注目されているのは、コレステロールや血圧を低下させる効果で、心臓発作や脳卒中のリスクを減らすためにニンニクが推奨されています。
また、ニンニクにはがん予防成分が豊富に含まれており、がん予防食品のトップに位置付けられています。
生のニンニクは臭いや胃腸の刺激作用で、多くを摂取することは困難ですが、ニンニクを熟成させると、臭いがなくなり、刺激性も減少し、抗酸化力が高まり、がん予防効果のあるS-アリルシステインなどの新規成分が生成されることが知られています。
このようなニンニクの健康作用をさらに高め、驚異的な抗酸化力をもつ熟成黒ニンニクは、抵抗力を高め、老化を防ぐ食品として期待がもてます。



♧以下に、黒にんにくの効能や「S-アリルシステイン」成分の効能をまとめてみました。



◦精力アップする
◦風邪予防
◦インフルエンザ予防
◦ノロウイルス予防
◦老化防止になる
◦活力・元気がでる
◦疲労回復する
◦寝起きが良くなる




3つの病気予防ができる

◦感染症 予防
◦循環器病 予防
◦ガン予防


病気の抵抗力を高める

◦病原菌に対する抵抗力を高める
◦ガン細胞に対する抵抗力を高める


悪玉と血圧を低下させる効果 がる

◦悪玉コレステロールを低下させる
◦血圧を低下させる


三大成人病の病気リスクを軽減してくれる

◦心臓発作のリスク軽減
◦脳卒中のリスク軽減
◦動脈硬化のリスク軽減


血行を良くする働きがる

◦血液循環促進
◦冷え性予防(低体温症)


健康維持には、黒にんにくは最適な食品ですね。
[PR]
# by ariranghouse | 2014-03-23 14:09 | アリラン黒ニンニク | Comments(0)